【ソホネット】宝塚・パソコン家庭教師/30分500円/宝塚・西宮・川西・三田・芦屋・伊丹・尼崎
神戸(東灘・灘・中央・長田・兵庫・須磨・垂水・北・西)・明石・大阪・池田・豊中・吹田・茨木・高槻・京都など
ホームページ・ブログ作成(会員のみ)・パソコン関連事務(会員のみ)
【ソホネット】

会員サポート

2017/01/16 月曜日 20:43

会員サポートの例(出張)

お困りのときは、すぐにご連絡下さい!

ワードで作ったファイルを添付してメールで送れない
  • 原因
    1. 画像ファイル(約500kb)をワードにそのまま貼り付けたため、ファイル全体が2mbになった。それを、実験として、メールで自分あてに送った。
    2. 自分宛に送った添付ファイルを開いて、再び、中の画像をコピーして、別のファイルに貼り付けた。そのファイルの重さが約6〜7mbにまでなっていた。
    3. そのファイルをメールで送ろうとしたので、プロバイダーの添付制限にひっかかった。
  • 処理
    1. もとの画像ファイル(約500kb)をワードに「ファイルから挿入」をした。
    2. できたワードファイルは、約500mbになって、メールで送ることができた。
  • 教訓
    • ワードに画像をじかに貼り付けないで、ファイルから「挿入」すること
お盆からずっと、ホームページフィルターソフトでブロックしていないホームページが見れなくなったり、普通のページも見れなくなることが多い。(2006年8月29日)
  • 原因
    • ホームページフィルターソフトA(正規版:プロバイダーのサーバー制御)と同社のホームページフィルターソフトB(パソコンに付属していた体験版:メーカーのサーバー制御)の二つがぶつかり合っていた(二つ存在していたことすら知らなかった)
    • ホームページフィルターソフトB(パソコンに付属していた体験版:メーカーのサーバー制御)をクリックして、誰かがパスワードを誤ってか何かで入力してしまい、ホームページフィルターソフトB(パソコンに付属していた体験版:メーカーのサーバー制御)が起動してしまっている
  • 処理
    • ホームページフィルターソフトB(パソコンに付属していた体験版:メーカーのサーバー制御)をアンインストールしようとするも、メーカーのサーバー制御の上、ソフト自体も起動中のためできない(終了すらできない)
    • 8月31日
      • パソコンのメーカー(東京、電話代はこちらが負担)に問い合わせる
        • 3分待ったが、つながらない(60円の電話代)
      • ホームページフィルターソフトメーカー(東京、電話代はこちらが負担)に問い合わせる
        • こちら側…体験版が正規版とぶつかってトラブルが生じているが、信じられない話だが体験版をアンインストールできない
        • メーカー側…パスワードを入力してください
        • こちら側…誰が入力したすらわからない
        • メーカー側…それではアンインストールはできません。パスワード解析依頼のメールに、住所・氏名・電話番号・年齢をご記入の上、指定のファイルを添付して送ってください
        • こちら側…何で、年齢が必要なのか
        • メーカー側…お子様が大人になりすましてパスワードを知ろうとするのを防ぐためです
        • こちら側…子供が年齢を偽ってメールを送れば、だれでもパスワードを知れるので意味のない話だ。そもそも、子供でもパスワードを入力して勝手に起動できる体験版がトラブルの原因なのだ。年齢を記入するつもりはない
        • メーカー側…それでしたら、○歳代だけでもおねがいできますか。
        • こちら側…まあ、それで解決できるのなら、受けよう
      • パスワード解析依頼のメールに、指定のファイルを添付しようとするが拒否される
      • 再度、ホームページフィルターソフトメーカー(東京、電話代はこちらが負担)に問い合わせる
        • こちら側…添付できなかった
        • メーカー側…指示しますので、Windowsをセーフモードで起動して、ファイルをデスクトップに保存してください
        • こちら側…(セーフモード?システムのトラブル時にしかやったことないぞ。うっとうしいことを言い出したな)方法を教えてください。
        • メーカー側…再起動して、タイトル文字が出たらF8を押して…
        • こちら側…指示通りやったが、これはセーフモードではないぞ。
        • メーカー側…それでしたら、方法は二つあります。まず、パソコンのメーカーが特殊な方法を設定しているようなので、パソコンのメーカーにセーフモードの起動方法を尋ねてください
        • こちら側…(キレる!)何で、体験版ふぜいが正規版を押さえ込んで起動したり、ぶつかったりするのか。そもそも、子供に見せないホームページフィルターソフトでありながら、子供が勝手にパスワードを入力するだけで、勝手に起動できて、それがトラブルを起こしているのに、体験版のアンインストールすらできない。そんな体験版を掲載するパソコンメーカーも、そういう体験版を掲載させるメーカーも問題があるのではないか。こちらは、お盆からずっとそのことで悩まされている。いったい、どうしてくれるのか。とにかく、トラブルの根源の体験版を抹殺させたいだけなのだ。
        • メーカー側…お客様のご意見は承っておきます。それでしたら、最後の方法をお教えしますが、極秘でお願いします。
        • こちら側…(やっと出たか!)副作用的なトラブルや、再び起動することはないのか
        • メーカー側…ございません。ただ、プログラムメニューやパソコンメーカーメニューの項目は残りますが。
        • こちら側…それは、こちらで処理するので、メールでその方法を教えてほしい
        • メーカー側…くれぐれも、極秘扱いでお願いします。方法を他言なさらないとお約束ください。
        • こちら側…邪魔者の体験版と一緒に抹殺するから大丈夫。
      • 電話代…合計630円
  • 結果
    • 正常に体験版を抹殺でき、無事につながるようになった。
    • 正規版もこれまでの設定どおりに起動している。
    • 極秘のメールなどはすべて抹殺した。

教訓

  • 体験版ソフトは、子供が勝手にいじれる場所におかない
  • 体験版ソフトでも、アンインストールできないで、大変な事態を引き起こすこともある
ZAQのインターネットのモデムの赤ランプがついたり消えたりして、インターネットに接続できないことがある(2006年8月28日)
  • 対処
    • 機械の故障と判断
    • ZAQにすぐに電話して、みてもらうように指示
  • 原因
    • 落雷でコネクターに不備が生じていた
    • そのため、信号が不安定になり、モデムが信号をとらえきれなくなっていた
  • ZAQの処理
    • コネクター交換、モデム(レンタル)交換
  • 結果
    • 正常につながった
  • 教訓
    • モデムの赤ランプは、メーカーかレンタル先に問い合わせること
パソコン作動中に電源を切ってから、起動や終了、ソフトの動きがおかしい(2005年4月26日)
  • 午前11:00
    • 原因
      • 作業中に電源を間違って切ってしまった。
      • プリンタを新しいもの(エプソン社)に変えた。
      • プログラムファイルのフォルダから、要らないソフトのフォルダをそのまま削除した。
    • 点検作業1
      • プリンタのUSBコードを外す
      • 電源を入れる
      • 最初の起動画面の後、左の白いカーソルが点滅しているだけで、それ以上進まない
      • 接続しているマイクのコードを外す
      • 接続しているカメラのUSBコードを外す
      • 起動した
      • カメラのUSBコードをつなぐ
      • プリンタのUSBコードをつなぐ
      • Skypeの再設定をする
      • できない
      • 再起動する
      • 終了できない
      • カメラのUSBコードを外す
      • プリンタのUSBコードを外す
      • 終了して、再起動する
      • (原因)USBコードに問題あり?
    • 点検作業2
      • プリンタのUSBコードをつなぐ
      • Skypeの再設定をする
      • できない
      • 再起動する
      • 終了できない
      • プリンタの電源を切る
      • 終了して、再起動する
      • (原因)プリンタの電源を切る必要がある!
    • 点検作業
      • Skypeの再設定をする
      • できた
      • マイクのコードをつなぐ
      • カメラのUSBコードをつなぐ
      • ドライバーを要求してくる
      • Windowsのドライバーでは対応できない
      • 海外出張中の息子さんがドライバーのありかを知っているので、今回はパス。
      • カメラのUSBコードを外す
    • 要らないソフトの削除方法を教える。
  • お昼の12:30終了
    • 13:00ころに当方の事務所に戻り、パソコンを起動する
    • ウィルスバスターの手動アップデートを行う。(1週間ほど前に、自動アップデートを外していた)
    • ニュースサイトで、「ウィルスバスター事件」が午前7:30〜9:30頃に起こったことを知る。
    • 出張会員サポートがなかったら、7:30頃にはアップデートしていたはずなので、ぞっとする。
    • お客様のパソコントラブルのおかげで、当方のパソコンは難を逃れた!
パソコンのリカバリー【フォーマット再インストール】(2005年3月15日)
  • 3月14日
    • 夜中に、「自宅のパソコンで、メールの送受信ができない」と連絡があった。
    • 訪問してみると、ウィルスに感染して、いろんな起動プログラムが書き換えられていた。
    • ノートンのウィルスプログラムは入っていたが、プリインストール版で期限は過ぎていた。
    • ご子息がパソコン関連の仕事をしているので、自宅のパソコンはノータッチと思っていたが、長期の海外出張の間、やられたようだ。
    • 一つ一つの修復をする暇はこちらもないので、フォーマット再インストールを決定した。
  • 3月15日
    • 朝10時半より開始。
      • 機種は、DELLのディメンション4600。
    • バックアップ
      • CD-RWに、作成ファイル、メール、メールアカウント、アドレス帳、お気に入りのバックアップを保存する。
    • フォーマット&再インストール
      • 特にアニュアルはいらないと思って、フォーマット再インストールをやろうとすると、途中で「ハードディスクの内容をフォーマットする」項目が見つからない。(午後より会員様は、別の場所の事務所でお仕事)
        • マニュアルで、フォーマット再インストールの詳細を見ようとするが、記述がない。
        • FAXで情報が得られるとのことで、まずはFAXメニューを入手。
        • 「フォーマット再インストール」メニューはあったが、情報は存在していないと自動返答。
          電話で問い合わせたところ、「カスタマイズ」して、方法をFAXで返信するとのこと。
        • 最初に来たのは、OSの起動の設定(これは終わっている)、次にきたのは、ドライバーの再インストール(これは後にすること)。
        • 肝心の「フォーマット再インストール」の情報は、どうやら「カスタマイズ」しているらしい。
        • 30分後に到着した。
        • 結局、欲しかった情報は「C」を押すだけであった。
    • ドライバーの再インストール
    • Windows XPのファイアーウォールを設定
    • CATVのISPのマイシールド(無料)を設定。
      CATVのISPのメールウィルスチェック(無料)を申し込み。
      CATVのISPのホームページウィルススキャン(無料)を設定。
      CATVのISPのホームページフィルター(無料)を設定。
    • ウィルスチェック
      • マイシールドで、パソコンのウィルスチェックをした結果、OK。
    • ホームページをグーグルの英語版に設定。
    • アップデート
      • Windows XPのSP1のアップデート。
      • Windows XPのSP2のダウンロード・インストール。
      • Windows XPのSP2のアップデート。
    • メール設定
      • Outlook Expressでユーザー設定4人分とそれぞれのバックアップをインポート。
    • MS Office XPをCD-ROMよりインストール。
    • MS Office XPのアップデート。
    • Epsonのスキャナー用ソフトをCD-ROMよりインストール。
    • 丁度、会員様のご帰宅。
      • 超快適に動くのを確認してもらう。
    • 終了、午後7時。
    • 久々の再インストールで、自己満足!
パソコンを起動すると、変なメッセージが出る(2005年2月15日)
  • 診断
    • 出張して見ると、何かと一緒にダウンロードされたプログラムであるらしい。
    • 再起動の命令なのに電源が切れた。幸い、電源を入れると起動した。
    • ウィルス対策ソフトが入っていたので、ウィルスチェックをすると、5個ほど入っていた。リアルタイム検索が、機能しなかったようだ。
    • ウィルスソフトのメールチェックは、駆除も添付感染ファイルの削除もできないとき、ウィルスメールを開ける危険性がある。今回の原因はこれだと思われる。
    • ウィルスチェックをまめにする人は、そんなにいない。
    • ウィルス駆除や削除ができているかできていないかを調べる人は、ほとんどいない。
  • この変なプログラムは、お客様に確認のうえ削除した。
  • ケーブルTVのプロバイダーの無料セキュリティサービスの設定
    • ウィルス対策ソフトが最新版にアップグレードされていなかったので、しようとしたが、非常に遅くなることを思い出した。
      (他のお客さんのところで、急激に動きが鈍くなったり、電源を入れてう動かせるまで3分もかかるようになった。それでケーブルTVの無料セキュリティサービスに切り替えたところ、非常に快適に動くようになった。)
  • メールウイルススキャンサービス(会員は無料)の設定
    • このメリットは、駆除も削除もできないとき、サーバー(プロバイダー)側でメール自体を削除してくれることだ。
    • だから、ウィルスメールを開けてしまう例は少ない。
  • マイシールド (ファイアウォール機能)(会員は無料)の設定
    • このメリットは、ウィンドウズXPのファイアーウォールも併用できることだ。互いに干渉しないそうだ。
  • マイシールド(アンチウイルス機能)(会員は無料)の設定
  • ホームページウイルススキャンサービス(会員は無料)の設定
  • 非常に快適に動くようになって、大喜び。
  • ケーブルTVのプロバイダーのメールアドレス追加(無料)
  • 新しいホームページを追加してほしいとのことで、それ用のメールアドレスを追加した。
  • ケーブルTVのプロバイダーのWebメールの設定
    • 外国でも日本でも、出先のパソコンからケーブルTVのプロバイダーのメールのチェックができるようになったので、大喜び。
ケーブルTVのプロバイダーのホームページウィルススキャンサービス(無料)のセットをしようとしたが、インターネットオプションの「接続タブ」が消えているためできない。 (2005年2月4日)
ケーブルTVのプロバイダーのホームページウィルススキャンサービスは、接続タブからプロキシー設定をしなければならない。ところが、肝心の「接続タブ 」が消えていた

原因…ケーブルTVのプロバイダーのホームページフィルタリングサービスを設定していたので、プロキシー設定を変えられないように「接続タブ」が消されていた。

対策…ホームページフィルタリングサービスの設定で、ホームページウィルススキャンサービスの設定ができた。→ブラウザーの表示が遅いので、すぐにとりやめた。

ケーブルTVのプロバイダーのファイアーウォール(無料)がダウンロードできない(2005年2月3日)
何度もダウンロードボタンをクリックしても、利用規約に同意するかの画面と、ダウンロードできない場合の画面が表示される

原因…ダウンロードされていたが、インストール状況の表示が遅いため、失敗したと思い、何度もダウンロードボタンをクリックしていた。そのため、インストール状況表示ができなくなっていた。

対策…アンインストールボタンをクリックして、再起動した後、ダウンロードして、しばらく待ってからインストールができた。

ケーブルTVのプロバイダーのネット接続ができない(2005年1月2日)
電話で問い合わせがあった。

原因…モデムの電源が切れていた。

対策…マニュアルの「ケーブルモデムおよびインターネット接続機器の再起動手順」に合わせて、再起動(順番を間違うとつながらない)

新しいパソコンの購入コンサルタント&各種設定(2005年9月〜12月)
9月 パソコン購入の相談あり

一応、ネットでデータを収集して渡す

12月 パソコン購入決定

パソコンを購入することが決定

ご希望などを伺って、ネットでいろんなデータを準備し、十分に話し合う

決定した機種を購入前に、念のため、ネットで評判をチェック。ところが、非常に悪いのと、電源から煙が出る事例があったので、急遽取りやめ。

大阪の日本橋に行き、駄目なら、デルのコンピュータの通信販売と思いつつ、物色1件目。ソニーの秋発売機種とキャノンのプリンタ新機種を、お客様の条件に合うように値切って購入決定。

12月17日 パソコン到着

急いでパソコンデスクを購入する必要が発生。

新築のリビングに合うのを、ネットで探す。相談の上、購入決定。

12月30日 パソコンデスク到着

急遽出張し、各種設定

パソコンセットアップ

ケーブルTVのプロバイダーのネット接続

ケーブルTVの無料セキュリティサービス設定

パソコン家庭教師は、週1回(子供の家庭教師の時間の前)

ケーブルTVのプロバイダーのネット接続ができない(2004年 10月18日)
ケーブルTVのプロバイダーのサポート係 (受付後、1時間後に担当から電話があるパターンが多い)に電話をかけた 。

待っている間に、トラブルシューティングを行ったが、やはり接続できなかった。1時間後に電話がかかってきた。

IP自動アドレスが169.254.*****となっていたので、TCP/IPかLANカードが壊れている可能性があるので、メーカーに問い合わせるように言われる。

他のトラブルシューティングをせずに、そう結論付けられるのはなぜか、と尋ねる

向こうの監視モニターによる診断では、問題が見つからないので、他のトラブルシューティングは、その診断ができない場合にするものであるから。

一般的な対処方法であるが、コンピュータのメーカーにTCP/IPの回復方法を尋ねた

結局、最初から、問題は無かった。

これも、一般的な対処方法であるが、LANカードのメーカーに尋ねた。

結局、最初から、問題は無かった。

再度、ケーブルTVのプロバイダーのサポート係に電話をかけた(前回の係りを指名したが、15分後に、他の担当が出た。)

TCP/IPもLANカードも問題が無かったと伝えると、翌日に向こうがノートパソコンを持参して、調査することに。

翌日の調査の結果、モデムの故障が原因であった。モデムを交換すると接続できるようになった。

娘さんのデジカメで撮った写真をコンピュータにダウンロードしたい。 (2004年10月12日)
付属ケーブルでダウンロード

ついでに、コンピュータのメンテナンスを行う

ケーブルTVのプロバイダーのネット接続ができない(2004年7月27日)
電源プラグを間違えて抜いたので、IPアドレスが消えてしまった。時間が足りなかったので、翌日の午前に再度作業をすることに。

翌日、ハブ接続を外して、単独でつなぐとつながった。ハブ機器が故障しているようなので、しばらくは、単独で接続することで我慢してもらうことに。

ウィルス対策ソフトをインストール&設定(2004年7月3日)
2台のコンピュータに導入完了。ついでにWindows Updateを行った。
3週間ぶりにメールをダウンロードしたら、途中に動かなくなった(2004年7月2日)
プロバイダーがメールのウィルスチェックをしているという話だったが、ウィルス対策ソフトの体験版で調べたら、ウィルスメールがうじゃうじゃ出てきた。それを処理した後、メールのダウンロードがスムーズに行った。
ケーブルTVのプロバイダーのネット接続ができない
延長ケーブルの接続部分が外れていた。
ケーブルTVのプロバイダーのネット接続ができない (パソコン2台併用)
お客様がプロバイダーに問い合わせたところ、「できれば追加申し込みがお勧めですが。一応パソコン2台併用はできますが、設定はそちらでやってください」とのこと。

そこで、プロバイダーのマニュアルどおりにやって、一度接続できたが、もう一台に切り替えたところ、接続できない。

そこで、最初のパソコンに切り替えたところ、これもできなくなっている。

長時間格闘する羽目に。

そこで、「もう一度、プロバイダーが言っていたことを教えてください」とやりとりを一つ一つ確認したところ、プロバイダーが、お客さまに「2台のコンピュータにハブでつなぐことはできる。ただし、片方から片方に接続を移るときに、1時間ほど待たねばならない。」と言っていたのがわかった。

お客様はこの意味がわからずに、それを当方に伝えなかった。

客を小ばかにしたプロバイダーの一言に激怒!しかもマニュアルには書いていない。

この後、追加サービスを申し込むことになった

ケーブルTVのプロバイダーのネット接続ができない
別室にあるハブの電源が切れていた
ケーブルTVのプロバイダーのネット接続ができない
長時間格闘。翌日、息子さんが購入したLANカードがコンピュータに合わなかったことが判明。
コンピュータがウィルスに感染して動かなくなった
再インストール実行
コンピュータがだんだん遅くなって、起動に5分もかかるようになった。
再インストール代行

アップデート代行

ウィルスチェック代行

ウィルス対策ソフトをインストール&設定
2台のコンピュータに導入代行。ついでにWindows Updateを代行。
プリンターが動かなくなった
コードが抜けていた。
ワードやエクセルで作ったファイルをホームページに掲載してほしい
随時ホームページ用に変換
ホームページのアップロードがうまくいない
圧縮ファイルのままでアップロードしようとしていた

累計